お届けする香りについて

スタート月 お届け月 お届けする香り 香りについて
1月スタート 1月 GINGER & LIME
〈ジンジャー&ライム〉
ジンジャーのシャープでスパイシーな香りに、フレッシュなライムの香りが調和したスパークリングノート。
ほのかに甘く情熱的なジンジャーを、ライムの爽やかなエッセンスが引き立て、洗練された空間を演出します。
4月 17 APRILE
〈ディチャセッテ アプリーレ〉
フェミニンなたおやかさを感じさせるフルーティーフローラルノート。
アプリコットやシチリアのオレンジ、アップルやピーチ、ブラックベリーなどの数々の果実のふくよかなフルーティノートと、百花の王と言われる芍薬の堂々とした香り、繊細で官能的なジャスミンやバラといった芳しい花々の香りが、アーモンドやバニラ、トンカビーンズの温かみのあるまろやかさに包まれて、美しく響きあいながらひとつの世界を織りなしています。
7月 MELOGRANO & MENTA
〈ザクロ&ミント〉
ザクロの甘く酸味のある香りに野生のミントがアクセントを加えた、サルデーニャの豊かな果樹園と新鮮なミントの葉をイメージさせるフレグランス。
10月 AMBRA
〈アンバー〉
アンバー独特の優美で洗練された香りが際立つオリエンタルノート。
古代の樹木が紡ぎ出す落ち着いた気品ある香りは、空間を安らぎで満たします。
2月スタート 2月 FUOCO
〈火〉
マイソール産サンダルウッドの貴重なエッセンスとオリエンタル・スパイスが調和した情熱的なフレグランス。
豊かで奥行きのある香りは、パーソナルな空間に最適です。
5月 PETALI DI ROSE
〈ペタリ ディ ローゼ〉
無数のローズの花びらのようにうっとりとさせる華やかなブーケの香り。
貴重なターキッシュローズに、ゼラニウムやイランイラン、スミレ、ジャスミンのノートがアクセントを加え、柑橘系の樹の香りや、アンバー、バニラ、ホワイトムスクが加わることで香りが完成されます。
8月 CHINOTTO PEPE
〈キノット ペペ〉
中心となるのは、キノットとペッパーのユニークなブレンドによる絶妙なハーモニー。
ベルガモット、マンダリン、オレンジのエッセンスに、カルダモン、ナツメグ、サフランのスパイスが温かさを増し、徐々にベティバー、サンダル、アミリスのウッディーなアロマに溶け込みます。
11月 OUD NOBILE
〈ウード ノービレ〉
古代より珍重され、香木、沈香を意味する OUD<ウード>。その希少なエッセンスは、年月を経たものほど価値があるとされ、アラビアの国々でも王族しか使うことが許されませんでした。
最高級の OUD エッセンスに新鮮なベルガモット、気品あふれるネロリが美しく調和します。また、ミルラなどのオリエンタルノートがさらなる深みをとやすらぎを与えます。
3月スタート 3月 MAGNOLIA ORCHIDEA
〈マグノリア・ラン〉
洗練されたモクレンの香りと優雅なランの香りが特徴の、まろやかで気品あるフレグランス。
かぐわしい花々の、穏やかで包み込むような香りが広がります。
6月 PRIMO
〈プリモ〉
爽やかでみずみずしいグレープフルーツと切れの良い苦味あるジンジャーが、イランイランの花と甘美なるジャスミンに調和するフルーティ&フローラルノート。
甘酸っぱいカシスとほのかに甘いフェンネルハーブを、スターアニスがまろやかに引き立て神秘的な深みを与えます。
更に希少な東洋の樹木のエッセンスが穏やかさを添え、それぞれの香りが自然に調和する上品で奥行きのある香りです。
9月 BOBOLI
〈ボーボリ〉
18 世紀のイタリア庭園様式を色濃く残したフィレンツェのボーボリ庭園。 この美しい庭園の様々な植物の香りからインスピレーションを受けた香り。
レモンやオレンジフラワー、柘植(ツゲ)のグリーンが混ざり合うトップノートに ジャスミンやワイルドミント、サイプレスがやわらかく包み込みます。 フィレンツェの忘れることの出来ない散歩の記憶を蘇らせるようなロマンティックな香りです。
12月 VANIGLIA MANDARINO
〈バニラ・マンダリン〉
バニラとマンダリンの対照的な香りがお互いを引き立て、見事に調和したフレグランス。
明るく情熱的な香りは心を和ませます。